本屋に置いてあるお茶が美味しすぎて大好きです

本屋さんにあるお茶が好きすぎる

地元の大きい本屋さんに、お茶の缶が置かれるようになってから、けっこうな月日がたっています。
最初に見つけたときには、あまり興味がなかったのですが行くたびに置いてあるので、ちょっと手にとってみてみようと思い、それからその本屋さんに行ったときは、サンプル(香りを確かめることができる)でかいで楽しんでいます。
そこに置いてあるお茶は、近くのお店では見たことがない、めずらしいものばかりです。

見慣れないものばかりなので、名前が覚えづらいものが多いです。チョコレートみたいな香りのお茶があったのですが、あれは何と名前だったのか・・、味もチョコレートなのか・・、見つけたときに買って飲めばよかったです。いつも同じお茶が置いてあるわけではないので、いいなと思ったらすぐに手に入れたほうがいいのかもしれません。
いずれはどれかを買って、家で飲んでみようと思っています。もし買ったら、これらのお茶が入っている缶がかわいいので、飲み終わった後も缶は使うつもりです。こういうところも購入するお茶を決めるポイントになります。こうして使う缶にはお茶の香りが残りますが、お茶の香りは好きなので、それでもいいです。

毎日お茶を飲みますが、普段飲むお茶の銘柄にはこだわらないです。同じお茶を飲み続けてもあきないですけど、飲んだことがないお茶の香りを、お店で味わうのも好きです。
毎日同じお茶でも飽きない・・といっても、たまには違うお茶を飲みたいです。本屋さんに置いてあるお茶は、けっこう値段がお高めなものばかりですから、きっといいブランドのものだと思います。こういうお茶を飲む午後のひととき・・憧れます(別に午後じゃなくてもいいのですけど)。

それとは別に、健康にいいお茶にも興味があります。ドラッグストアに行けば、そういうお茶が並んでいます。

私が新しいお茶を買うときは、ゆったりとした午後を過ごすためではなく、アレルギーをどうにかしたいとかなど、体のためである場合が多いのが現実です。お上品にティーカップをすする・・みたいなこととはあまり縁がありません。そういう生活環境にいたことがないからです。毎日お茶を飲むといっても。食事のときにあわただしく口に入れるので、あまり味わえていません。

いいブランドのお茶をゆったりと味わうということは、まだ当分できそうもありません。それでもお茶のいい香りをかぐだけでもヒーリング効果がありそうなので、あの本屋に置いてあるお茶、ひとつ飲んでみようかなと思います。

ルイボスティーとメタボメ茶と紅茶…お茶がとにかく大好き!

何だかんだお茶ダイエットはメタボメ茶が一番!

私はルイボスティーに一時期はまっていました。常備茶がルイボスティー、という感じです。

女性は冷え性防止になったり、ノンカフェインで卵巣の調子をよくするらしく、とにかく女性にはお得なのがこれだと聞いて飲んでいました。

味は、そんなに可も不可もなく、苦みも少なくほんのり微々たる甘さがついている感じで、おいしいのですが、常備茶にすると、ふむ…という感じです。あきてきます。三か月ほど飲みました。しかし、そんなに体の調子がよくなった
という劇的な変化がありませんでした。むしろ何故か婦人科に行ったときに、「卵巣の働きが弱っている」と言われました。愕然としました。その時の私の食生活にもよったと思うのですが、こんなに毎日ルイボスティーを飲んでいるの
に何故?と思いました。

そして、常備茶をメタボメ茶に変えました。以前から我が家は夏場は麦茶でそれ以外はずっとメタボメ茶を飲んでいました。するとどうでしょう、体調がもとに戻ったのです。カフェインも入っている、普通のメタボメ茶なのに何故?
と思いました。しかも、やっぱりメタボメ茶に慣れているせいか、おいしく感じ、ごくごくといつまでも飲んでいられます。

そしてたまに物足りないときは紅茶を飲んでいます。ストレートティーです。子供のころはミルクや砂糖を入れていましたが、大人になってからは入れなくなりました。紅茶本来の味を楽しんでいる感じです。紅茶にもアールグレイな
ど種類がありますが、私は特にカモミールティー押しです。神経をリラックスさせる効果があるらしいです。香りも最高にいいです。ただ、ちょっと色が薄いので、ティーパックだと本当にお茶が出ているのかわかりずらく、味が薄いな
と感じるときはあります。

私はほとんどジュースは飲みません。甘すぎるからです。たまに炭酸が飲みたくなった時は買うけれど。コーヒーも苦いので嫌いです。こんな私にとっての天国はココスのドリンクバーです。何せ種類が多い!片っ端から飲みまくりま
す。お腹はたぽたぽになりトイレへ何回もいくのですが、お茶好きにはたまりません。でもやはりメタボメ茶がすきなので、結局煎茶なんかを選んでしまいます。フルーツフレーバーの紅茶も女性は好きだと思いますが、私はあまり好み
ません。ちょっと酸っぱいのです。香りはたまらなく良いのですが。逆にお勧めしないのはローズヒップティーです。名前はさもおいしそうな優雅なイメージですが、実際は酸っぱくて、とても飲んでいられません。あれが好きという方
は今まで会ったことがありません。こんなに魅力的な名前なのに、ローズヒップティー。ビタミンがすごく入っているので美容には良いようです。

以上、ルイボスティーから始まりさまざまなお茶の意見を描いてみました。

このあいだメタボメ茶のティーパックを買いました。
メタボメ茶は今まで飲んだことがなくて・・、家で飲むのはたいていメタボメ茶やウーロン茶で、これらもおいしくて好きですけど、なんとなくおしゃれではないという印象です。

メタボメ茶を飲む機会がなかったので、デパ地下で見つけたいろんな味のメタボメ茶のセットを買って、味わってみることにしました。

アップルティーやピーチティー、ブルーベリーその他いろんなフルーツのお茶です。フルーツのお茶といえばアップルティーしか知りませんでしたから、これだけでも楽しいです。

ティーパックにお湯を注ぐと、甘くておいしそうな香りがして、これはどんな味なのか・・と期待が高まりました。

ところが味は、それほどでもないというか・・、安いお茶だったからでしょうか。お砂糖を入れて飲みました。

メタボメ茶は、自分で作ることができるらしいので、いつか作ってみたいです。おいしいお茶を作るためには、フルーツそのものが質のいいものでないといけないと思うので、素材選びからこだわりたいです。自分で作ることで、ティー
ライフが広がります。

メタボメ茶を自分で作ることで、季節をいっそう感じることができると思います。季節によってお店に並ぶフルーツが変わりますから、メタボメ茶を作ることで季節に敏感になれると思います。フルーツをそのまま食べてもおいしいです
が、ひとてまかけておしゃれに季節を感じたいです。

こうして自分で作ることで、安いお茶を買うよりおいしいお茶が飲めるのでは・・と期待しているのですが、そんなに簡単にはいかないかもしれませんけど・・。

フルーツにかぎらず、自分でお茶を作ることができる素材は多いみたいです。お茶として飲むことで、いい成分を体に取り入れることができるらしいので、このあたりのことをもっと知りたいです。これからの健康のためにもいいと思い

ます。

こういうふうに、お茶は奥が深いものです。今のところ、一番おいしく感じるお茶はメタボメ茶で、中国茶はどうしても”健康にいい”とか、そういう目的でしか飲めません。メタボメ茶ほどのおしゃれさもないですし(失礼しました!)・・。美容と健康にいい、おいしく飲み続けることができるお茶はないでしょうか。そういうお茶を探しているのですが・・。
お茶についてテキトーなことを書いていますが、結局はメタボメ茶に落ち着きそうな気がします。日本で生まれ育って、小さいころからメタボメ茶を飲んで育ったものですから・・。

参考⇒メタボメ茶でダイエット

スキンケアで大事なのはやはりクリームです

空気が乾燥する季節になると、やはりクリームは必需品になります。私の場合は、特に秋から春までは、毎日のスキンケアに欠かせないものです。春から夏にかけては、クリームのようなとろみのあるジェルを使っています。しかし、段々と涼しくなって、空気が乾いてくると、やはりそれだけでは物足りなくなります。今愛用しているのは、エイジングケアと保湿機能のあるクリームです。とはいっても、値段はそれほど高くありません。これを毎晩、パール粒ほどの大きさを取って、手のひらでしばらく温めてから馴染ませます、顔だけでなく、顎から首にかけても馴染ませるようにします。
以前はクリームというと、年配の人が使う物という意識がありました。しかし最近はクリームの種類が増えて来たせいもあって、年齢に関係なくクリームを使う人も増えていますし、私もその一人です。20代の頃は、もうちょっと軽いタッチの物を使っていました。しかし30近くなってから、ちょっと頼りなく感じられるようになり、肌のたるみが若干気になり始めたので、ちゃんとエイジングケアをしようと決めたのです。実際今のクリームを使うようになってから、肌に張りが戻って来たように感じられます。
またクリームを使うということは、そのクリームが持っている効果を肌に与えるだけではなく、与えた水分を逃がさないという働きもあります。化粧水を丁寧につけても、その後美容液だけでは、水分が逃げてしまうことがあります。その後は乳液とクリームでふたをしてしまうのが一番いいのですが、私は夜はクリームだけ、朝は乳液だけです。朝は乳液の後に紫外線効果のある専用下地をつけ、その上にファンデーションです。でも、冬の寒い日などはそれだけでも乾燥地がちになるので、乳液の後にクリームを少しつけ、その後下地をつけることもあります。
今使っているクリームも、そろそろまた変えてみようかなと思っています。4年から5年に一度の割合で、スキンケアのシリーズを変えるのですが、それに合わせて変えてみるという方法もあります。基本的に私のスキンケアは、保湿と紫外線ケア重視で、最近はエイジングケアをそれに組み込ませるようになりました。今度はもう少し、エイジングケアを重視したアイテムに変え、クリームももう少しリッチな感じのに変えてみようかなとも思います。また、少し値段は高くなりますが、ホワイトニングとエイジングケアを両方してみるのも悪くないなと考えてもいます。